tamaki niime さんのショールとウェア

こんにちは。テクラです。今回はとっても軽やかな素敵なショールやウェアのご紹介です。

ふわっと軽く、コットンとは思えないほど柔らかい、そして美しい色使いのショールです。

 

tamaki niime さんは兵庫県西脇市で30年ほど前の古い機械を使って、独自の作り方でショール、ウェアを作られています。

色とりどりのショールは、5枚分の生地を織るとすぐに配色を変えるため、ほぼ1点物でとどき、色使いがとってもとっても素敵です。

配色、デザインは玉木さんが全て決められています。

兵庫県西脇市のアトリエ

アトリエの前には、ショールが気持ちよさそうになびいています。どの作品もいちど外で太陽の光を浴びてから、お客様のもとへ届きます。

まるでSLのような古い機械で、次々と美しい生地が作られています。

先日西脇のアトリエでSydneyのみなさんに見て頂くショールや、ウエアを選んできました。

Sydneyの青い空に似合うような、きれいな色を中心に選んでいます。

roots shawl BIG cotton100%

$216 予定

長さ182 幅105

 

roots shawl MIDDLE cotton100%

$108 予定

長さ182 幅44

 

サルエルパンツのような、「タルンパンツ」

こちらは参考画像ですが、良い色がご用意できたのでお持ちします。

ヨガの先生にも好評で、とにかく履きやすいのに、シルエットがきれいです。生地は1点ものですので、どんな出会いがあるか楽しみになさってくださいね。

 

こちらのワイドパンツも今回のSydneyへお持ちします。

 

tamakiniimeさんの作品は、オーストラリア初だそうです!ぜひ、ご来店の際は手に取って着心地、触りごここち、色の配色の素晴らしさを確かめてくださいね。